2017年12月21日木曜日

”MBA Lounge”の 川尻秀道さんに聴くキャリアシフト

今回は、オーストラリア・クイーンズランド工科大学のMBAを取得された
川尻さんにMBA後のキャリアについてインタビューしました。

川尻さんは、MBA取得後台湾勤務を経て2014年に独立、
MBA Loungeとアジアビジネスコンサルティング、
中国語教室運営を行うなど、精力的な起業家です。

<対談>
■MBAを目指したきっかけは何ですか?

MBA留学をしたいと思ったきっかけは2つあります。
ひとつは、住宅メーカーの建材仕入れの仕事をしていたのですが、
取引する商社の方々が皆さん当然のごとく英語ができる、
世界を相手にしている、財務諸表も皆さんわかるし、
そういう「世界を股にかけて」活躍する方々をみていて、
自分もそうなりたいと思っていました。
仕事の関係で、初めは建築か土木系で留学かなと思っていましたが、
専門性を絞らず、経営すべてを学ぶマルチなところでMBAかなと思いました。
また、そのときの会社の社長が、アメリカの大学へ留学後、フィンランドへ渡り、
何もない所から起業した方で、そういう話を聞いていると、自分も社長のような
生き抜く力みたいなものを身につけたいとおもいました。

二つ目は英語を上達させたかったので、海外に住みたかったからです(笑)
オーストラリアへの留学を決めたのは、22のときにワーホリで行ったのが
きっかけでした。


■2007年(28歳)から1.5年でQUTのMBAに行かれたわけですが、
 行く前は取得後のキャリアパスをどのように考えていましたか?

世界を股にかけるような海外出張に行ったりする仕事をしたいと思っていました。
産業にはこだわらない、コンサル会社のイメージです。

■勤めていた会社は、辞めて留学されましたか?

辞めるつもりでしたが、親族が経営する会社で、引き留められました。
無下に断ることもできず、形だけ籍を置く形で仕事から離れました。
最終的には、会社自体がなくなったので、辞めるのと同じ状態になったのですが、
それでも籍があったので金銭的に多少の違いはありました。

■なるほど。私も嬉しいことに引き留められて、休職扱いで留学したのですが失敗しました(笑)これからは、理解のある企業も出てくると思います。休職という選択肢も増えると思いますが、これからMBAを目指す方々にこのあたりでアドバイスはありますか?

会社も仕事も好きだったら、残ってもいいと思います。
変な話、私費留学なら大きな持ち出しとなるので、迷っているなら残って、
利用できるものは利用するという現実主義でもいいと思います。
辞めたいときには、MBA後に辞めればいいですし。
ただ、全く戻る気がないのなら、引き留められてもやめた方がいいと思います。

■同感です。戻る気ないのなら行く前にスッキリしたほうが、
 次のアクションを真剣に考えられますし。
 留学中は何か就職活動など積極的に行いましたか?

特に日本で仕事を探すつもりはなかったので、就職エージェントなどに
アプローチかけたりはしませんでした。
ただ、カリキュラムが終わる頃に残金100万円ありまして、これを使って
Master of Marketingを取ってダブルメジャーにするか、
台湾に行って語学学校に入り、中国語の勉強をしながら仕事を探すかで悩んでいました。

実は、オーストラリアにいる間に学校が休みの期間があったのですが、
そのときに短期で台湾に行きました。その時の体験で衝撃を受けて、
ぜひまた訪れたいと心に決めていました。
ですので、最終的にはMBA取得後に、台湾に渡るほうを選択しました。

■日本で仕事をしないという目標は達成できましたね(笑)
 台湾の語学学校に入って勉強しながら、国内で仕事を探したのですか?

はい。MBAをやって、会社の運用に興味を持ちました。
コースでは、仮想コンサルティングとしてのケーススタディを数多くやったので、
どんな産業でもいいので事業運営にかかわる仕事、戦略立案やマーケティングを
やりたいと思いました。

■台湾での就活はどのように行ったのですか?

語学学校に通いながら、同時進行で就活していました。
パソナなどの就職エージェントに登録して台湾の
日系現地法人などの面接も受けましたが、
仕事の内容ががっちり決まったポジションで、あまり魅力を感じませんでした。
そんななか、オーストラリアで知り合った人の紹介で
某家具メーカーが日本進出を考えているので、
事業責任者をやってみないかという話をいただき、喜んで受けさせていただきました。



■正規の就職エージェントなどの募集からではなく、ご自身のネットワークからの紹介で仕事を見つけられたというのは、興味深い話ですね。どのような仕事でしたか?

100%台湾人の会社で、新しく日本へ進出したいということで、
全く何もない所からのスタートでした。事業計画を立てて、
どのように展開していくかを考えて実行するという、
全く0からの事業に携われたことは、本当にラッキーでした。
MBAで学んだことをフル稼働させて、挑戦した感じです。
ですが、その後、突然日本進出を中止することになり、
ビザ更新ができなくなったので、あらためて次の仕事を探すことになりました。
2010年(32歳)のことです。

■台湾の会社で学んだことは?

まず、自分主導でなにかを行うというのは向いているなということです。
もう一つは、MBAで習ったことを方端からやってみましたが、
やはり「そのまんま」でやっても駄目だということに気づかされました。
言葉や文化の違いなど人間関係などソフト面も非常に重要だと学びました。

■で、その後はどうされたのですか?

実は台湾で今の奥さんと出逢い、結婚していましたので、
ある程度の収入がまず必要でした。
ひとりなら他の選択肢も考えたと思いますが、日本に戻ることにしました。
この時は、相性の良い転職エージェントとの出会いがあり、
4社ほど面接して、そのうちの1社に決まりました。

今回も特にどの産業とはこだわっていなくて、
海外に関わる仕事として機械部品の調達や美容機器メーカーなどの面接もうけました。
最終的に農産物関係の海外事業部にお世話になることになりました。
こちらは100%海外の顧客ですし、海外出張もあり、MBAを目指したころからの
「世界を股にかける仕事」という点では、最も適していました。

■日本に帰ってきて4年くらいで、自ら起業されたわけですよね。きっかけは?

やはり大きなグループ会社の子会社で、上司などをみていると、
「自分の20年後がこれか」と思うと、なんとなく嫌だなと思うようになり、
台湾で新規事業に関わっていた頃の楽しさが忘れられなかったからです。

新卒で入った時の会社の社長が、私の親族でしたので彼の背中をみていましたし、
経営者のDNAが自分のなかにもあると感じていましたので、
ここであらためて自らのビジネスをやりたいと思いました。
起業については、最初からでっかくビジネスをやることは考えてなかったので、
まず考えたのは自分が今できることは何かということでした。

そこで、3つのビジネスを同時に立ち上げました。
MBAを目指す方々のサポートとしてMBA Lounge
台湾人の妻がいるので、中国語会話の教室
そして、台湾での新規事業立ち上げにかかわった経験から、
台湾へのビジネス進出コンサルティングという3つのビジネスです。

■職種も違うし、個人事業主になられたわけですが、会社員からキャリアをシフトするのに何か苦労はありましたか?

精神的には苦労はありません。
やりたいことをやっているのでむしろ楽しいです。
MBAなら市場調査して、どのように売るかとか戦略立案してから
実行みたいなところがありますが、そんな資金もないですし、
まずはやってみて儲からなければやめればいいと思って小さくスタートさせました。

やりながらマーケティング調査もやっている感じです。
やりたくない仕事を我慢して会社員としてやることはどういうことか十分わかったので、
あとはやりたい仕事をやりたいと思いました。

■やりたくないことを頑張っても、人生楽しくないですからね。
 MBAを目指す方々に取得後のキャリアについてのアドバイスをするとしたら?

MBA出願時に、自分は学んだことをその後どう活かしていきたいかのエッセイを
書かなければならないので、その時にシナリオを考えるかとおもいますが、
これは自己分析をするいい機会だと思います。

ただ、それはそれとして、行ってからからまた考えればいいのだと思います。
行けばいろんな人と会いますし、考えも変わってくると思います。
迷ったら、自分の好きな方を選ぶ。決して前と同じ環境には戻らないことです。


■ありがとうございます。最後にベタな質問をさせてください。
 MBAは、結局のところ役に立ちましたか?

もちろん役に立っています。

だって、MBAをやっていなかったら、
MBA Loungeはできなかったのですから。

MBAでは、自己流ではなくて世間で正しいと
言われているやり方を知ることができます。

そこを知ることで、教科書通りのやり方と
そうではないやり方の両方を検証できますので、
やはり広い視野でビジネスを考えることが出来ると思います。
MBAをやれば、考え方が変わります。
人との付き合い方も変わります。
そして、人生を変えます。

■本日は、非常に興味深いお話をありがとうございました!