2014年6月19日木曜日

おカネを稼がない自分はナニモノ?


仕事から離れて思った三つめのことは

③「カセギをしない自分はナニモノ?」ということ。

特に男性の皆さんは、見知らぬ人になんと自己紹介するだろうか。
プライベートであっても、名刺を出してくる人はいないだろうか。

主婦であれば、名前で呼ばれるよりも
○○ちゃんのママとか、誰々くんのママといわれることのほうが
多いようにおもう。

医者とか、先生とか、職業で他人を認識していることのほうが多くないだろうか。

私たちもこういった「仕事のラベル」にどっぷり浸かって、慣れてしまっているので
自分自身がラベルそのものだと思い込んでしまっている。

仕事で社員から「社長」とよばれるのはわかるが、ビジネスでもないのに
地域の集まりなどでも「社長」と呼ばれているのをよく見かける。


たまに休みの日、デパートで偶然鉢合わせになった知り合いの顔をみて
どうしても名前が思い出せないことがある。

「うーんと、誰だったっけ?

…あっそうだ!

○○産業の△△さんだ!」

と相手が会社にいるときの姿を思い浮かべて、やっと相手の名前を思い出す。

私も見ず知らずの人に自己紹介するときには、
『「○○会社」で住宅関係の仕事をしています』と必ずいう。

しかし、今回、休職とはいえ仕事を離れた。名刺も社員証もすべて返却。
いきなりラベルを剥がされて、「裸の王様」状態になったわけだ。

自分への問いは、「そして自分には何が残るのか?」だ。

仕事の最終日には何とも思っていなかったが、そのあと会社の備品を返し
メールで本社へ報告したときに

「4月1日づけで、国交省への登録を削除します」

と返信がきたときには、さすがにへこんだ。
「削除」しますが、「抹殺」しますにすら見えた。

「ああ、今あるタイトルは、永久ものではないんだ」

と思った瞬間だった。

そりゃあ、マザーテレサくらいなら、「仕事から離れる」と言うときは
死を意味するのだろうが、我々は、しがないサラリーマンである。

ラベル一枚剥がしたくらいで、死にゃしないが、
どっぷりつかった身には、じわじわと効いてきた。

ドラッカーは彼の講義に中で、「パラレルキャリア」という
キーワードをもとに「仕事」を「カセギ」だけの意味合いとして使わずに
人生を豊かにするための社会活動と位置づけて、

これからは二足のわらじ、三足のわらじが
自分をマネジメントしていくうえで必要になってくると話している。

主夫になった今、彼が言いたいのは、企業が供給してくれる仕事だけの
一元的なうすっぺらなラベルに自分自身が呑み込まれてしまわないよう気をつけなさいよ!
ということだとおもう。

たとえ自営していたとしてもカセギだけでは、一元的なことにはかわりない。

だからといって、カセギの仕事を軽視しているわけでも、否定しているわけでもない。


病児保育のNPOを若くして立ち上げた若き社会起業家の駒崎弘樹さんの
「社会を変えるお金の使い方」という本の中で、


江戸時代の民衆が考える仕事のなかに
「カセギ」と「ツトメ」があるという。
「カセギ」は生活のため、「ツトメ」は地域社会のための「仕事」ということだ。

「パラレルキャリア」、「カセギ」と「ツトメ」。

仕事から離れて、「仕事」と自分の関係について、あらためて考えさせられる。

そして、会社ラベルを引っぺがされた「無印オジサン」は、何処へいくのか!?

ちょうど人生の折り返し地点。

40歳の男性=オジサンには仕事から少し距離を置いて
「自分には何が残るのか?」を真剣に考えてみる良い時期なのかもしれない。

世の家族は、ふりかえりと再スタートの時間をぜひ
オジサンたちに与えていただきたいと切に願う。







2014年6月18日水曜日

渡航の前に「主夫」になる。



2014年のはじめ。

妻のシドニー赴任の日取りが、五月の連休明けと決まった。
私のほうは、去年の11月くらいから休職の可能性について会社の決断を待っている状態。

結局2月まで、退職か休職かわからない状況だったが、
赴任の日取りが決まったことで、3月いっぱいでとにかく仕事から離れ
4月から有給に入らせてもらうことを正式に願い出た。

辞める場合は、40日程度有休が残っているので、有休消化のつもり。
休職になった場合でも、戻ってっくる2年後には今ある有休は戻って来ないので
渡航準備もあるからということでシドニー行きの一か月前から、
休みに入らせてもらいたいとお願いしていた。

事務所の自分の机のまわりから、7年間必要と思い
貯めこんできた資料などを少しずつ処分していき、
備品やらを返却。

最後の日は何か特別な感情が湧いてくるかと思ったが、
あまりにも日常と変わらぬ一日だったので、また明日も同じく仕事に就くような感じだった。

休みに入ったらあれをやろう、これをやろうといろいろ考えていたが
最初の一週間は、何もできなかった。

やらなければならないことから解放された脱力感で腑抜けた状態になり、
妻が家で仕事のときは良いが、あとの3日間妻が東京へ行っている間は、
昼まで寝てしまったり、生活のリズムさえつかめなかった。

仕事から離れて思ったことが三つある。

①仕事ってこんなに面倒臭かったのか!
②朝ごはんをゆっくり食べる喜び
③お金を稼がない自分はナニモノ?

それぞれ説明したいとおもう。

まず、仕事から離れて、家から出るのが億劫になった。
毎日、忙しい時には一日で100km以上もの移動を車でやっていた人間が
長野市までの30分ほどの道のりも非常に面倒に感じるようになった。

慣れとは恐ろしいものである。車の運転も神経を使うが、
現場から現場へと決められた時間までに到着するだけでも
今思えば至難の業だったように思えてくる。

毎日毎日決められた期限までにタスクを終わらせていかなければならない。
お金のためとはいえ、相当なプレッシャーのなかでやっていたんだなと
つくづく感じた。プレッシャーに弾き飛ばされないよう
こちらもテンションをかけてバランスをかける。
そうやって無感覚状態でいつのまにか難しい仕事もこなしていたのだろうか…

当たり前といえば当たり前だが、
そのプレッシャーを解いた瞬間の反動を考えると、恐ろしくなる。

過去にメンタルヘルス不調で休職した社員がいる企業が92.7%と
ほぼ調査対象の企業すべてでメンタルの不調で休職した社員がいる。

これは他人ごとではない。

張りつめたテンションが切れる前に
一度そこから解き放してみるべきだ。

いつのまにか無感覚になって、自分自身で調整できなくなる前に。
有休は使うためにある。堂々と休みをとろう!

②朝ごはんをゆっくり食べる

これは主夫になったら、必ずやろうと思っていた。
夫婦共働きの時は、けっこう遅くまで仕事をしていて、
朝どうしてもギリギリに起きるので、いつも朝はパンと紅茶だけ。

私も朝早く出かけるときは食べないで、
コンビニでパンとコーヒーのこともよくあった。
朝食に厚切り(5枚切)パン、ハムエッグとサラダ、
コーヒーにデザートのフルーツまで付けて・・・
ラジオを聴きながらゆっくり朝食をとりたい!と思っていた。

専業主婦のいらっしゃるご家庭は、当たり前のことかもしれないが、
私たち夫婦にとっては、大きな変化だった。おかげで朝の時間がゆったり流れた。

「ねぇ、ここのoccupation(職業)のところ
どう書けばいいかな…主夫って英語でなんていうの?」

飛行機のなかで出国審査Formに書き込むときに、無職とか学生とか書かずに
「主夫」と書きたかった。

「housewifeじゃないから、homemakerじゃない?」と妻。

「そっか、house makerじゃあ、ハウスメーカーになっちゃうから、ホームメーカーね
homechefじゃダメかなぁ」

「なんかお抱えシェフみたいね」

主夫業(主婦業)をバカにしてはいけない。れっきとした「仕事」だ。
洗濯ものも、食事も帰ってきたら勝手にできてるわけではない!

やるからには、主夫(Chef)もしっかりやりたい!!



そろそろご飯をつくる時間なので、今日はこの辺で失礼する・・・


2014年6月4日水曜日

英語を勉強してはいけない!


MBAを目指すためには、大きくわけて二段階の英語テストを受けなければならない。

①TOEFL(トーフル)またはIELTS(アイエルツ)※1
②GMAT(ジーマット)


トーフル(またはアイエルツ)は、大学院での授業についていくために最低限必要な読み書きと、
会話のスキルを測るテスト。※2

 

そして、GMATは、大学院での授業内容を理解して、
身につけるだけの思考能力と数学的知識があるかを測るテスト。

この二つが主にMBA入学にあたって受けなければならないテストだ。

①は私たちのようなnon-nativeのためのテストなので、
地元の英語が母国語のnativeはこのテストを受けない。

一方、②のジーマットはnativeも受けなければならないテストなので、
①に比べると、難易度が高くなる。

だから、英語力がnativeに比べ乏しい私たちのような外国人が、
いきなりジーマットを受けると間違いなく撃沈する。


受験勉強の方法としては、
両方同時に始めるのではなく
①TOEFL→②GMATと順番にそれぞれ
集中してやるのが通常のやり方である。


トフルゼミのe-learning契約も
閲覧期限が6ヶ月なので
最初の6ヶ月をTOEFL、その後にGMATと閲覧期限をずらしてもらった。

ところがところが!

GMATを受けなくても受験できるMBAコースがあるではないか?!
しかも、オーストラリアに!!


妻の仕事に付き添いでシドニーに行けることが決まってから、
独自にリサーチしたところ・・・

ウェスタンシドニー大(UWS)とオーストラリア工科大(UTS)のMBAがヒットした。

これらは、ともにTOEFL89~90点以上、GMAT550点以上(UTSのみ)が基準点になっていたが、
もっと情報が欲しかったので、トフルゼミのカウンセラーに問い合わせていた。

そこで、紹介されたスタッフソリューションズのK氏が
実はドンピシャのアドバイスをくれた!

「オーストラリアではGMATは必要ないところもあります。
私も実はMBAホルダーです。

ウーロンゴン大でとりましたが、
ここは卒後の学生満足度調査で一位を獲得したことがあります。

同窓生として、少しひいき目な言い方ではありますが、
非常にオススメの学校になります」と。


キタ━━━━(゚∀゚)━━━

たまたま相談にのってくれた人がMBAホルダーだった。
良かった!これで何でも聞ける!

その後、K氏は、私のしつこい「尋問」にも嫌な顔ひとつもせず…
(メール上の話で実際の顔はみていないが)いろいろとアドバイスや情報を教えてくれた。

 


例えば、ウェスタンシドニー大は、ビジネスというより文学や医療に評価が高い学校で
工科大は、社会経験がなくても入れるので、社会経験豊富な者にとっては、
ディスカッションが物足りないかも、とか…

シドニー近辺なら、マッコーリ経営大学院がハイレベルで有名だとか、
MBAホルダーで現地スタッフならではの的確なアドバイスをもらえた。


オセアニアでは、名のしれたマッコーリ大ですらGMAT不要なのである。
それなら、わざわざGMATを受ける必要ないじゃん…

と最終的には、GMATなしのMBAを目指すことにした。

トフルゼミのGMAT教材を買ってしまったあとに、
勿体ないことをしたが、最終的にはよかったとおもっている。

トフルゼミに行ったおかげで、K氏に出会えたのもラッキーだった。
テスト対策のために英語を勉強するということが、私にとっては苦痛だったので
単純にひとつ煩わしさが減ったとおもった。



普通に「英語を勉強する」と私たちは言うが、この言い方に違和感がある。
英語は、その国の社会や文化の文脈のなかでこそ生きるものだ。

勉強の対象ではなく、コミュニケーションのツール=道具である。テストのための英語が目的ではない。英語を使って何をするか、
英語を通して、何を観るか、である。

単語を覚えたり、イデオムを覚えたり、表現の幅を広げるのはいいが、所詮TOEFLもGMATもテストである。

テストであるかぎり、テストのための勉強は免れえない。無駄とは言わないが、それだけのものでしかない。




特に人生半分折り返し地点にさしかかる四十代としては、
残りの人生で何を学びたいかと言えば
テストのハウツーよりも、もちろんビジネスの根幹や
私にとっての仕事とは?そしてこれからの生き方についてだ。

大学受験の勉強だって、実際ほとんど社会では役にたっていない。
同じように、テストのためだけに「英語」を勉強してはいけない。

トーフル対策で勉強を始めた時も、この点にはしっかり配慮した。
いろいろな方法を試したが、そのなかでいくつか次のセクションでご紹介したいとおもう。




※1:International English Language Testing System(IELTS, アイエルツ)は英語熟練度を測る英語検定   の1つで、ケンブリッジ大学ESOL試験機構、ブリティッシュ・カウンシル、IDP Education社によって協   同で運営されている。アカデミック・モジュール(Academic Module、大学や他の高等教育機関への出   願のためのテスト)とジェネラル・トレーニング・モジュール(General Training Module、一般的な   生活、仕事や、移住関係に関わる英語のテスト)の2種類がある。(from Wikipedia)

※2:トーフルは北米が開発、ほとんど世界で認められているテスト。アイエルツは、
   イギリス、オーストラリア、ニュージーランド、カナダなどではこちらが主流。
   トーフルはPCに座って、キーボードでテストを受けるのに対して、アイエルツは鉛筆で
   スペリング、エッセイを書かなければならない。テストの構造が全く違うので、
   受けるなら、どちらかにしたほうが良い。