2014年7月29日火曜日

シドニーの街並みと”自然”とのかかわり。



真の文明は
山を荒らさず
川を荒らさず
村を破らず
人を殺さざるべし

人間は万物の奴隷でいい
                                     田中正造




都会に住んでいると、おカネを使わずにできることを探すのにひと苦労する。
私たちが住んでいた黒姫なら、薪割りや畑仕事、ガーデニングと家のまわりにいるだけで
なんとなく一日が終わってしまう。

ときには、お隣さんが収穫したてのキュウリやモロコシをおすそ分けしてしてもらったりと、
山里の暮らしにはまだ、貨幣経済に冒されない領域がふんだんに存在している。

都会に暮らす皆さんには申し訳ないが、
あらためて都会は住むところではないと感じる部分がある。
特にシドニーのように世界でも有数の物価高の都市では、
のんきな田舎暮らしの私たちにはときには窮屈に感じる。

東京のようにたくさんの人の群れに紛れながら、摩天楼のビル群に囲まれて、
仰ぎ見る空の狭さにため息をつきながらでは、さすがに1ヶ月ともたなかっただろうが・・・

シドニーにはまだ自然が近くにたくさんある。

まず、日本と違うところは、空の広さ。
シドニー到着後の一週間をシドニーの北部アターモンという郊外のホテルで過ごしたのだが
ハイウェイと呼ばれる主幹道路に建っているにもかかわらず、部屋の窓からは、
見渡す限りジャングルのような樹々の向こうには真っ青な空が広がっていた。



「オーストラリアに来た感じね~」窓からの景色を見ながら妻。

「なんで?我が家の景色もまわりは森じゃん」

「いや~空の向こうに地平線が見えるもん。」

確かに。私たちの住んでいた長野県信濃町は、森の向こうはたいてい大きな山だったから
ホテルの3階からの景色だとしても、これだけ広い空は見られない。


シドニーは460万人の人口を抱える大都市だ。
今まで住んでいたような田舎の自然は正直期待していなかったが、私たちの住むアパートから
5分くらい歩くとそこらじゅうに大小の公園や公園とは言わないまでもベンチとテーブル付の
ちょっとした憩いの場がここそこにある。ベンチも普通の歩道にいくつもある。
近くのスーパーまでの15分ほどの道のりで数えてみても、10台以上は設置してある。



犬の散歩をする人、ベンチで読書する人、
敷物とバスケットを広げてピクニックを楽しむカップル。
広い空と陽だまりと、ときには湾の穏やかなさざ波を遠目に観るのも愉しい。

妻の同僚が

「ここは働くところじゃなくて、リタイヤした人には最高の場所だよ!」

と冗談を言っていたが、まさにその通りである。
苦笑いする妻を横目に、申し訳ないなとはおもいながら、心の中で頷いていた。

「私が一時的なリタイヤ組だとは、この同僚には言えないな…」

と妻も同じく思ったに違いない。



自然とのつながりが途絶えないシドニーの街並みはとても気に入っている。
田舎では、つい車に頼り切りになってしまっていたが、こちらに来てよく歩くようになった。

アパートに移ったばかりの頃、いろいろとネット使用について苦労があり、
なんとかフリーでもセキュリティー面で安心して使えるパブリックWIFIはないかと
探してたどり着いたのが、
2kmほど歩いていったところにあるStanton Libraryだ。

この図書館までの道のりで驚かされるのが、街路樹のデカさである。




温暖な地域だから樹々の育ちも早いのだろうが、
それでも10階建てのビルよりも背が高い街路樹がたくさんある。
シティという中心街に行くとさらにデカい街路樹が立ち並び、
20階建てビルもなんだか小さく見えてしまうような錯覚に陥る。

付け焼刃だが、シドニーの歴史を簡単に紐解くと、
アボリジニーの人びとはこの地域に4万年前から暮らしていた。
イギリスから初めて侵入者たち(私の歴史観は常にしいたげられた人びとの側に立ちたいとおもう)
がやってきたのは、1788年、226年前のことである。何度も大規模な開発はあっただろうが
200年前から今ある街並みがつくられてきたと思えば、街路樹の大きさにも納得がいく。

日本でいえば、伊勢神宮のでっかいヒノキや杉の樹がそこらじゅうの街路樹や公園に
普通に植わっているような感覚である。
まだシドニーの夏を体験していない現時点では、予測しかできないが
これらの大きな樹々が夏の暑さをしのぐ格好の日蔭を提供してくれるのだろう。



私たち夫婦がまだ横浜に住んでいた頃、アパートの近くに都市整備公団の空き地があり
その空き地の一角に樹齢20年以上の古い桜の樹があった。京都から引っ越してきたのが6月。

青々と茂る桜の樹を見て、翌年の満開を楽しみにしていたのだが、
秋から突然団地建設の工事が始まり結局、雄大なの桜の風景を見ることができなかった。心無い設計士と更地にすることしか能のない公団には、この大きな桜を残そうという心意気はなかったのだろうか?と今でもおもう。

設計段階でいろいろな議論はあったのだろうが、敷地いっぱいにできる限りのボリュームで
建てたかったのだろう、目の前に登場した風景は、そこに小さな自然があったことなど
なかったことのようにモダンなビルが冷やかに建っていた。

あの大きな桜の樹は敷地のど真ん中にあったわけではない。
もし建築士として私が担当すれば、絶対に桜を残す設計をしただろう。
この桜が満開になるのを観れば、毎年子どもや家族の成長とともに
いろいろな思い出に寄り添ってくれただろうに。
あれから8年も経つのに、未だに残念に思っている。


何を次の世代に残していくべきか?
木陰がどれだけ私たちにとって憩いの場になるか?
鳥たちや虫たちにどれだけの影響があるか?

シドニーの街並みや樹々を眺めていると
何を残すのかに多くの時間と労力をかけているのがよくわかる。
この樹は残そう。むやみに伐るな。一本一本に意志を感じる。
都会の自然は、手放しでは残らない。
「一本ぐらい伐ったってかわりゃしないよ」くらいの気持ちでは、
今のシドニーにはならなかったのだろうなとおもう。


2014年7月25日金曜日

シドニーは物価が高くて暮らすのが大変!!


シドニーは観光するにはいいが、暮らすとなると経済的に厳しい。
2014年7月現在オーストラリアドルは、95円前後。
ちょうど10年前の2004年のレートを調べてみると1ドル78円とでている。
10年でこんなに状況が違うのかとびっくりする。


オーストラリアは、バックパッカーなどの格安旅行者にとっては
格好の場所だったようだが、今は違う。

ちょっとその辺のコンビニでペットボトルの水やコーラを買おうとすると
3.5ドルから4ドルもする。牛乳も3.5ドル、パン2斤で5ドルくらい。
スーパーへ行っても、魚の種類がサーモンしかなく、たったの2切れで7ドル以上。

ちょっとその辺でランチをと思うと飲み物つきで普通に10ドル越えてしまう。
日本のように松屋で牛丼に味噌汁がついて300円以下で昼飯なんて世界はここにはない。


もちろん安いと思うものもある。カフェ文化の盛んなシドニーでは、
おいしい淹れたてのカプチーノが3ドルくらいで飲める。ワインは3ドルからあるし、
はちみつも3ドルくらいで買える。牛肉など肉類も日本と同じかそれ以下の価格で買える。

生活用品も高い。下着の半袖Tシャツを買おうと思ったのだが、一枚で15ドルするので
ばかばかしくてやめてしまった。ちょうどシドニーの中心街でユニクロのポップアップストア
オープンしたばかりだったので、そこに行けばTシャツ3枚で10ドルくらいでないかなと
行ってみたが、ヒートテック一枚で20ドルしかなかったので、あきらめて帰ってきた。

結局妻が上のヒートテック、私が下のステテコ・ヒートテックを一枚ずつ買ったのだが、
合計40ドル。日本ならもう2枚くらい買える値段だ。

普通の小売店では、食品も生活用品も恐くて買えないので、
今ではもっぱら格安スーパーで買うことにしている。

私たちの住むノースシドニーでは、AldiとIGAがある。あとは有名どころだと、WoolworthとColes。
どこにいてもオーストラリアではまずこの4大スーパーの場所を探せ!という感じ。
セブンイレブンなどのコンビニもあるが、こちらでは高くて使えない。


格安でダントツなのが、Aldiのようだ。
日本で言えばカカクヤスクのSEIYUというところか…


だがこのアルディの店、ちょっと商品の陳列が一風変わっている。
通常の商品が並んでいる棚もあるのだが、
それ以外は毎週目玉商品が入れ替わる。

ある時は、冬用のジャケットが無造作に棚に積んであったかと思うと・・・
液晶テレビ、物干しフレーム、キッチン用品、
そして、洗濯機が積まれていた時にはさすがにびっくりした。

アルディは確かに安い。2斤のパンも他で5ドルの商品が2ドル。
3.5ドルのオーガニックミルクも2ドルで買える。

だが、あまりここに来るのは好きではない。
なぜかというと、商品の積まれ方が無造作なうえに、安い商品に群がる客のマナーが悪いから。
ケチャップなど液が漏れたものを別の商品の横に置きっぱなしになっていたり、目玉商品の棚は
毎回売れ残りとごっちゃになり、何がなんだかわからない状態。

生鮮野菜もいつから置いてあるのかわからないので、鮮度の落ちているものもある。
普通のスーパーならありそうな調味料や生活備品も、あるものとないものがあり、
一か所ですべて揃わないところも不便である。

アルディをひとことで表現するなら、「ワケの分からない混沌のスーパーマーケット」だ。
毎回アルディだと、なんとなく疲れてしまうので、
2回に一回は、理路整然と陳列された棚や
生鮮食品の彩りの美しさを拝観しにIGAに行くことにしている(笑)



ビックマック指数というのをご存じだろうか?

各国の通貨の購買力を比較するのに使う指数なのだが、
世界で比較的同じ材料で売られているビックマックの価格を比較することで、
それぞれの通貨の価値を比較する。

2014年1月で日本では、370円、オーストラリアでは、5.10ドル。
ビックマックの価値が同じと仮定して、370円=5.10Aドルとすると、1ドル=72.5円となる。
現在、実際の為替は、1ドル95円。

ということは、72.5円(ビックマック指数からの価値)<95円(為替)
円通貨が割安=過小評価されている、と見ることができる。ビックマック指数をつかうと
オーストラリアドルに対して円通貨が実際の価値より-31%過小評価されている。

妻とふたりで、日本の1.5倍くらいの値段じゃない?と言っていたのも
まったくウソではないことがわかる。

生活必需品以上に痛いのが、シドニーの家賃である。
シドニーの住宅の価格が一年で15%もあがっているそうだ。
一方で手取り所得は、+1.7%のみ。

どうもここ2、3年は、不動産バブルらしい。
私たちの住むノースシドニーは、特に家賃が高いところのようだ。
家族で暮らすとなれば、月2,500ドル以上、24.5万円以上のところしかない。


私たちは、ボロアパートなので、仮に郊外に住んだとしても
通勤時間や電車賃などを換算すればあまり変わらない範囲の家賃で
ノースシドニーに住むことが出来ているのだが、こんなに広い土地があるのに、
一部の地域だけが家賃が異常に高いのは、理解に苦しむ。

毎月6万程度のローンで住める400坪の自然豊かな我が家から、
不動産バブルとインフレの街シドニーに来たのだから、
「日本の1.5倍」と感じるのも無理はない。

今までどんぶり勘定だったが、
シドニーに来てから、主夫として家計簿をつけ始めた。

2014年7月15日火曜日

イケヤで家具をそろえる。


シドニー到着後7日目にいろいろとありながらも何とか
アパートの賃貸契約を行うことができた。

さぁ、いざ入居!といっても布団も家具も何もない。
私たち夫婦は、日本のマイホームからは、スーツケース2つだけで
それ以外の家具・家電一式は、これから住む弟にあづけてきてしまった。

季節は冬、靴のまま部屋に入る習慣のオーストラリアでは、
床に毛布でごろ寝というわけにもいかない。

金曜日の朝契約して鍵はもらったものの、何もないアパートにすぐ移ることはできない。
ホテルの宿泊を土曜日まで延ばしておいて正解だった。

賃貸契約を済ませたその足で
RhodesのIkea(イケヤ)へ行くことにした。



たまたま留学された親子のブログを見ていたらイケヤ(因みにこちらではアィケヤと発音する)で
家具調達という話が載っていたので、近くのイケヤを調べてみたら、
電車で行けるところがあったので、他の方法を試すことなく真っ先に向かった。

私たち夫婦は、北欧デザインが大好き。長野県の田舎町にいながら、
所沢のイケヤや、港北のイケヤまで買い物に行くくらいである。
ただ、イケヤの家具はあまり好きではない。

「安くてそれなりのデザインの効いた暮らしの道具」というイケヤのポジショニングは、
裏を返せば、「安いだけに素材がちゃっちい、耐久性が期待できない」ということだ。

建築士としてひとつ言わせてもらえれば、家づくりと同じように暮らしの道具は、
本来肌身に触れるもの、そして毎日目にするものであるわけだから

五感に優しい、すなわち使っていて楽しく感じる、または、
匂いや感触で癒されるものを選びたい。
そして、年とともに味わいの出る、一生ものであってほしい。

例えば、床材ひとつをとっても無垢の木材の感触とプリント合板のフローリングの感触とは
まったく違うのである。幼い子どもたちの行動を見ていればそれがよくわかる。

長野の我が家に遊びに来る姪っ子たちは、
皆玄関から上がるなり、靴下を脱いで裸足になりたいという。

人が何万年もの昔、森のなかにいた時の記憶がDNAに刻み込まれているのだろう、
靴下を脱いでじかに無垢の木の感触に触れたいという衝動は、誰でも自然に湧き上がってくる。

デザインや機能性を考えれば、見た目は同じでも
自然が育んだものを時間をかけて人の手によってつくられたものは、
「イケヤの工業製品」に比べはるかに優れている。
だからイケヤファンには申し訳ないが、素材や労力を妥協して
「安くてデザインのいいものを」という
イケヤの戦略には、少し違和感を覚えている。

買い物には行くが、日本のイケヤでせいぜい買ってくるのは、
シーツなどのファブリック製品くらいであった。

ところが今回は、2年間のシドニー暮らしのあと、どのような方法にせよ処分しなけらばならない。
もう少し時間があれば、セカンドハンドで譲り受けるという方法もあっただろう。

例えば、オーストラリア在住の日本人向け情報サイト「Jams TV」や
ローカルなコミュニティサイト「Gum tree」で
引っ越しのため処分セールしている人の家具などを譲り受けるという方法もある。
だが、ほとんどが「pick up only」、要するに取りに来てくれるなら譲ります、というもの。
それぞれ持っているものも違うし、どんな家具かもわからない。
車もないし、輸送の手配するだけでも時間がかかってしまう。仮に輸送手段が確保できたとしても
すべての家具が一回で揃うという保証もない。

※セカンドハンド情報のおススメサイト

イケヤに行けば、とりあえず暮らすのに必要な家具やそれ以外の道具、
例えばキッチン用品なども揃えることができる。
そのうえイケヤ製品のいいところは、セミDIYですべての家具が組み立て式になっていて
梱包がコンパクト。場所をとらないため、ある程度のものは持ち帰ることができる。

ベッドのフレーム、マットなど持ち帰ることのできない製品は、
「翌日配送」というサービスがあるので便利だった。
金曜日の午後一通りイケヤの店内をまわって、
ベッドフレーム、マットレス、布団、シーツ、
ダイニングテーブル、ダイニングチェア、キッチン用品などを買い込んで、
持ち帰れない大物家具類を翌日配送にて手配。

明日ホテルをチェックアウトして、アパートに行けば、ベッドなど大物が届く手はずだ。

安くて手頃に購入できる家具や身のまわりのものは、他にも店はあるが
2年間しか使わないとはいえ、家具を見はじめるとデザインとか素材とかが気になってしまい
イケヤに来てちょうどよかった。

私「これ(ダイニングチェア)なんか一脚12ドルで安いからいいんじゃない?」

妻「うーん、やっぱり脚は鉄より木のほうがいいかなー」

私「え!?一番安いのでいいのでは?」

妻「やっぱりこれがいいなー」

私「You are the boss lady!だからね。承知いたしました。」



妻が選んだダイニングチェアは39ドルだった…
妥協しながらも、こんな具合でひとつひとつ暮らしの道具として吟味していった結果、
電化製品を除く家具、キッチン用品で10万円くらいで揃えることができた。



せいぜいきれいに使って、セカンドハンドでも使ってもらえるようにしたいとおもう。