2014年11月27日木曜日

オーストラリアIKEAの節税方法が話題に!!

華やかなステージの裏側で

妻がたまたま会社からFinancial Reviewを持ち帰って来たので
さっそく読んでみると(11月6日付)、一面にIKEAが2003年から10年間で
10億ドル(AUD)≒1000億円ほどの税引前純利益があったのに、

節税対策で最終的には、1.03億ドルの純利益として報告されていたと書いてあった。
結果、国に対して少ししか税金を払っていないとのこと。

オーストラリアで発生した利益のほとんどは、ヨーロッパのルクセンブルグにあるIKEAの製品デザインやトレードマークなどを管理する別会社にフランチャイズ料などとして支払われ、同時にルクセンブルグ政府からは、税金の優遇措置を受けていたらしい。

アップルやAmazonなど国際的な企業もルクセンブルグにお金を流すことで、
該当国での税金支払いを回避しているらしい。
この方法は、全く合法でそれぞれ世界的に有名な会計事務所のもとで行われている。

※次の動画がわかりやすいので同時におススメ

Why IKEA's profits are mostly tax free 03:10




合法ならいいの?


記事を読んでいて、思い出したのは授業でやった「企業倫理」の話。

ひとつは、中皮腫発生との関係が明らかになってもアスベストを含む製品を
つくりつづけたJames Hardie社の被害者に対する補償問題についてだ。
オーストラリアは世界で2番目に中皮腫患者が多い国なのだそうだが、
合法なら事業活動による被害を無視または軽視して、利益の最大化のみを追求するべきか?


James Hardie win disappoints asbestos campaigners




もう一つは、マレーシアにあるNIKEの下請け工場の話(2008年)。
労働環境が非常に悪く、ベトナムからの出稼ぎ労働者は
パスポートを取られたまま返されないなど不正な労働搾取が行われていた。
(その後改善されたようだ)



企業のステークホルダー(stakeholder)は誰か?



これらの企業が軽視しているのは、直接利益にかかわる顧客や投資家以外のステークホルダー(利害関係者)に対する配慮である。

通常企業が意識して対応しているステークホルダーは、顧客、投資家、サプライヤー、従業員、政府くらいではないだろうか。

例えば、James Hardieのケースで考えると、中皮腫を発症しているのは、元従業員、建設従事者や住宅居住者など企業活動と直接的なかかわりのない人びとである。

そう考えると、工場をとりまく近隣住民や従業員の家族、
製品が使われるコミュニティ全体までと関係するステークホルダーは広がってくる。

NIKEのケースでは、サプライヤーの従業員とその家族、サプライヤーのさらにサプライヤーがNIKEの企業活動によってどのような影響を受けているのかまで考えなけらばならない。

ステークホルダーはなにも現在形で存在する人や組織に限定しない。

サステイナブル・リーダーシップを提唱するアベリーら(Avery et al.,2011)によると
企業の長期的な存続を実現するためには、配慮しなければならないステークホルダーに未来世代の子どもたち、街や国、そして私たちをとりまく地球環境も視野に入れる。


IKEAはサステイナブルか?


IKEAの節税対策をみて、2つのリアクションがあるとおもう。

「合法なんだからいいじゃん。製品も安くなるし。」

「他企業が真面目に税金払ってるのに。フェアじゃないね。」

どちらが間違っていて、どちらが正しいと思うかは、それぞれのもつ倫理観の問題だとおもうが、

なぜ企業として隠さずに節税対策はこんなかたちでやってますと堂々と公表しなかったのかを考えるとやましいとどこかで思っているからだろう。

透明性と正直な経営は、節税対策よりも大切だ。

Why is Ikea a Non-profit?


引用索引
Avery, GC & Bergsteiner, H (2011), 'Sustainable leadership practices for enhancing business resilience and performance', Strategy & Leadership, vol. 39, no. 3, pp. 5-15. 

2014年11月25日火曜日

やさしい会計学の話:ABC分析とは?


ABC分析とは?

不得意なアカウンティングの授業で
実践でもつかえるコンセプトとして面白いなとおもったもう一つの内容は、ABC分析だ。

ABC分析とは、Activity based costing(アクティビティ・ベース・コスティング)の略なのだが、
いくつもの製品やサービスがあるなかで、ひとつの製品やサービスのコストを考えるときには
通常、直接費、間接費というコスト分類からコストを計算する。

ABC分析では、アクテビティ、すなわち、
製品やサービスが顧客に提供されるまでのすべての活動に焦点をあてて、
それぞれの活動におけるコストをはじき出す手法である。


全部原価計算法

なじみの深い建設業で例えれば…

A工務店では、ある期間で新築1500万円の契約とリフォーム1500万円の契約があったとする。
それぞれ直接費と間接費でコストを分けるとすれば、直接費は、建設に必要な資材や下請け業者への発注費用が主になるだろう。

間接費用は、会社の社員を含む一般管理費になる。話を簡単にするために、直接費がそれぞれ1000万掛かり、間接費用としては社員を含む会社全体の運営にかかる費用として、800万掛かったとする。

この場合、間接費はその期間にかかった会社全体の費用として財務会計ではプールされるので、
工事別に費用を振り分けようとすると、工事費総額の割合や面積などて振り分けることになる。

それぞれ工事の内容は違うが、今回の場合、総額が同じなので、800万の間接費は
それぞれに1/2の400万づつ振り分けることになる。

このようにすべての間接費(器具備品、人件費、オフィスリース料など)を製品、サービスに
全部振り分けることを全部原価計算(Absorption Costing)といって、
工場などの製品生産などに使われてきた伝統的な手法である。

一連の内容を表にすると次のようになる。

A工務店(全部原価計算)新築リフォーム
契約金額1,500万1,500万
直接費-1,000万-1,000万
間接費-400万-400万
コスト合計-1,400万-1,400万



営業利益100万100万



上記のように間接費を総額の比で分配すると、営業利益がともに100万と同じように算出される。

新築を請け負っても、リフォームを請け負っても、どちらでも同じ儲けが期待できるなら、
今後は高耐久住宅の普及にともなってリフォーム物件が増える傾向にあることから、
リフォームをたくさん受注する戦略をとって利益を増やそうという決断もできるだろう。

今回話を単純化するために、新築もリフォームも一物件づつの比較をしたにすぎないが、

実は、リフォーム物件のほうが、新築物件に比べ施主との打ち合わせ、
施工管理や下請け業者との調整など、間接費として計上している社員の労働時間はリフォームのほうが格段にかかる。



ABC分析では?

そこでABC分析では、単に間接費として比率分配していたこれらの費用をそれぞれの活動に伴う費用としてブレークダウンして正確なコストを割り出す努力をする。

A工務店での例を考えると、営業社員の打ち合わせから契約までの折衝時間、
積算部の見積もり作成・変更に伴う時間、現場監督の打ち合わせ、
現場調整などに費やした労働時間などを算出する。

そうすると次のような違いが出るかもしれない。

A工務店(ABC分析)新築リフォーム
契約金額1,500万1,500万
直接費-1,000万-1,000万
営業活動費(営業部人件費など)-60万-80万
積算製図(積算部人件費など)-50万-70万
施工管理費(施工部人件費など)-145万-195万
その他の会社運営費--100万-100万
コスト合計-1,355万-1,445万



営業利益145万55万



実際の活動ベースの原価計算をしたところ、新築では145万利益が出ている
リフォームでは、55万しか利益が出ていないことがわかる。

リフォーム受注を増やすということは、社員のリフォームに費やす時間が増えるということなので、
現在の人員体制では対応できない可能性も出てくるかもしれない。

特に内容の異なる製品やサービス提供を同時進行で行う場合、
直接原価以外の間接費用をそれぞれの商品にヒモづけして、
活動ごとのコストとして正確に割り出さないと、
誤った意思決定を行う可能性がある。

A工務店の例で言えば、社員を遊ばせておくよりも少しでも利益が出ればよいと思って、
上記と同じ1500万のリフォームの仕事を1420万で受注してしまうと、
全部原価計算では、20万の利益がABC分析では、25万の赤字になる。


見えないコストを見える化する

ひとつの製品やサービスの原価を正確に抑えることは、
どこまで価格を割り引くことができるかなど
競合他社との価格競争においても優位に立てる可能性が大きい。

対外的な決算書や税金のための財務会計では、
すべての販管費、一般管理費を一緒くたに統合してしまうので、

それぞれの商品ごとのコストを割り出すときに個数や売上高の比によってこれらの間接費を
分配する方法しかなくなってしまうが、これをやってしまうとそれぞれの活動で実際に費やす労働時間などの濃淡がわからなくなってしまう。

特に複雑なサービスを提供する場合、それぞれの活動が多岐にわたり
なかなか一つのサービスにたいする原価が割り出せない場合もあると思うが、

ひとつのサービスに対する会社全体のプロセスは必ず存在するわけで、
それらの活動を測る指標(稼働時間、面接時間、人数、件数、枚数、データ量など)を設定すれば
コストを見える化することができる。

コストを見える化することで、改善すべき活動やプロセスは何かも見えるようになる。

売上や利益が出ているときはいいが、市場が変化して利益が出なくなってきた時に初めて
なぜ利益がでないのかを考えていては遅い。

なぜ利益が出るのかを管理会計のなかで十分把握することが重要である。




2014年11月19日水曜日

Book Review: How Google Works


Scientific Description on Google

Recently I read this book, "How Google Works."
Before reading this book, I knew little about Google though stories of the company appear here and there in new articles and textbooks on business. I kind of liked their way of providing services in the internet searching. Its searching interface is just simple with no adds and quick in results.

One of authors of the book and the former CEO, Eric Shmidt, clarifies why they can deliver us such a simple and powerful search engine. I really liked the way Shmidt described about Google as a micro-universe of creatives who are passionate about creativity and innovation.

His discourse is not only based on personal experience, whereas many CEOs tend to write as their memoirs which sometimes seem just showing off to me, but also based on rigorous scientific evidences so that I can understand what kind of concepts and theories underlined in his management and day-to-day decision making.




Why Google Is Creative?

The entire themes of the book are how as a huge multinational entity keeps heads toward creativity and innovation providing services which are "radically useful and novel" for the users as well as an integrated collaboration of diverse creatives. 

It is interesting when the author talks about how top managers "un-manage" the process of creating and innovating while they manage to allocate effective workplace for the creators and keep cultures which inspire all employees to make difference in the world. As the author states, Google is the place where messiness, as a prerequisite for creativity, and internal integration, as a compass for the company's navigation, miraculously reside together.

If you are MBA student or business leader who wants to make difference in practice, it is worth reading, well interpreted business theories and ideas bridging between rigorous research and business practice. 




How to Manage Emails Effectively


I would like to share the author's tips for effective email management, which everyone might have been struggling from handling hundreds of emails.

1)Respond quickly

Being responsive sets up a positive communications feedback loop.
"got it" would be fine.

→As matter of fact, I have been doing this since I read this book. I agree that quick response delivers implicit image that you are reachable when others need help or contact. That means high frequency to come into other's mind.

2)When writing an email, every word matters, and useless prose doesn't.

Be crisp in your delivery.

→Especially for top managers, a long mail are likely to be ignored. I try to write whole story in about 50 words and put headings and numbers if the contents become longer. 

3)Clean out your inbox constantly

Time thinking about which items in your inbox you should attack next is a waste of time;
Time rereading a message that you have already read is a waste of time.

→I think this is right. I found it waste of time postponing reply after reading whole the messages; at the time when I respond later, I have to reread the messages again!

I hope this would help.