2015年7月28日火曜日

人事評価が社員をダメする理由!?


つい最近、日経の記事でFinancial Timesからの投稿を読んでいたら、
アクセンチュアのCEOがこれまでの年次評価システムが
評価に費やす200万時間が無駄だったと反省し、
評価システムを廃止すると発表したそうだ。

実は、社員の成績を点数ではじき出すこの評価システムが、
ほとんどの社員に対してモチベーションを下げる働きをしていると
脳科学の分野からサポートするデータが続々と出ている。

特に数字で社員を評価し、ランキングで競わせるシステムにすると
社員たちの脳内では、プレッシャーによって闘争・逃走反応という感情脳
に理性がハイジャックされて
思慮分別のある行動や決断が出来にくくなるという状況に追いやられてしまう。


もう一つは、社員に間違った「学び」と「自己発達」のイメージを、
人事評価で与えてしまっているとのこと。というより遠のいていくと言ったほうが正しい。

成績が良ければ、「出来る人」というレッテルが、
逆に大きな失敗から学ぶチャンスを剥奪していると言えないだろうか。
皆、成績評価のために失敗を恐れ、クリエイティブなアイデアや実験的試みより
自分の立場をセーブするために、現状維持やいかにまわりの同僚よりうまくやるか
ということに注目が行ってしまっている。

今までの自分の器を壊して
新しい可能性にチャレンジして得られるような本物の「学びと成長」を
阻むものに他ならないのが、現状の評価システムだと。

こちらの動画が面白いので、英語の勉強がてら見てほしい。

HOW YOUR BRAIN RESPONDS TO PERFORMANCE RANKINGS



”Only one person feels neurologically rewarded by the PM exercise:
 the senior executive who oversees it.”

人事評価システムで、唯一、脳科学的に報われる人間は・・・
それを監督するエクゼクティブだけだ。

と、脳科学者の論文では言っている。
詳しくは、こちらのフルテキストがあるので、ご参照いただきたい。

Kill Your Performance Ratings